歯ブラシと齧り痕のあるリンゴ

歯肉炎とは、歯肉つまり歯茎の炎症のことを言います。
健康な歯茎は引き締まっていてピンク色をしていますが、炎症が起きていると赤くなり、ブヨブヨとした状態になるのが特徴です。
ただ、痛みがないのでなかなか自分では気づきにくいです。
放置していると、歯茎だけの炎症である歯肉炎から、歯を支える骨にまで炎症が進んでしまう歯周炎に悪化してしまいます。

ですから、歯肉炎にならないように自宅でのケアが大切になります。
家庭でできるケアとして、多くの人が歯磨きをしているでしょう。
歯磨きはブラッシングとも呼ばれていて、食後の食べかすを落とすだけでなく、細菌の塊であるプラークを取り除くことができます。
ただ、ブラシの形状から歯の表面を磨くのは得意なのですが、歯と歯の間である歯間と呼ばれる部位をきれいにすることができません。

そこで、家庭用の口腔洗浄機を使ってみましょう。
口腔洗浄機という言葉は難しそうに聞こえますが、自宅で使えるお口の中をきれいにする機械のことです。
ウォーターピックは水流を使うことで、お口の中の汚れを取り去る機械です。
先端から水が出るという仕組みなので、歯ブラシが届きにくい奥歯にも簡単に使うことができます。
歯間の汚れもウォーターピックならきれいにできます。
家庭用なので比較的コンパクトで、使うとお口の中がさっぱりします。

舌ブラシ

また、歯ブラシの補助具として舌ブラシがあります。
文字通り、舌を磨くブラシです。
舌は粘膜なので歯ブラシで磨いてしまうと傷つけてしまいます。
舌ブラシは毛先が短く、幅が広い独特の形状で舌を磨きやすく作られています。
歯間に糸を通して清掃するデンタルフロスもおすすめです。
慣れるまでは指に巻き付けるのに時間がかかるかもしれませんが、歯ブラシでは落とせない汚れをきれいにすることができます。
指に巻き付けるのが苦手であれば、持ち手のついたタイプも販売されています。

デンタルリンスとデンタルフロス

歯磨きをした後のデンタルリンスも活用しましょう。
細菌の数を減らすことができるので、歯肉炎になりにくいお口の状態になります。
使用後はすっきりとしますが、人によっては刺激が強いと感じるかもしれません。
ドラッグストアなどではたくさんの種類が販売されているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
ボトルのサイズも様々なので、小さな物で試してみて使い勝手の良い物を見つけたら大きなボトルで買うというのがおすすめです。
小さなボトルは持ち歩きにも便利です。